1st Circular of Kurashiki Symposium


image.gif

  「晴れの国岡山」
   2013年倉敷シンポ

ようこそ、倉敷へ

 新緑の候、会員の皆様には益々御清栄の事と お喜び申し上げます。
 さて、第 31 回有機地球化学シンポジウムは、 岡山大学が世話人となり、8 月 19 日(月曜)・20 日(火曜)・21日(水曜)に倉敷市の美観地区そばにある芸文館にて開催することとなりました。盛夏の頃で日中は暑く過ごしにくい岡山ではありますが、夜には美観地区のライトアップなどイベントの多い時期でもあります。昼間は涼しい会場で活発な議論を交わし、夜には情緒あふれる古い町並みで親交を深めて頂ければと願っております。

kurashikiriver.jpg

ご案内

1.日程
8月18日(日):運営委員会(委員のみ)場所:未定
8月19日(月):講演会、ポスター発表、総会および懇親会場所:倉敷市芸文館202会議室および203会議室
8月20日(火):講演会場所:倉敷市芸文館202会議室
8月21日(水):巡検「三畳紀成羽植物化石の標本および露頭見学とベンガラで栄えた吹屋地区の散策」(予定)
2.開催までのスケジュール
6/24 (月) 参加・講演の申込開始
7/12 (金) 参加・講演の申込〆切
7/19 (金) セカンドサーキュラー(講演スケジュール等)
7/31 (水) 講演要旨〆切
3.参加・講演の申込(登録)
申込用紙を以下からダウンロードし、電子メール添付、 FAXもしくは郵送で上記期日までにご提出ください。申込用紙はこちらLinkIcon
4.宿泊
宿泊は各自でご予約下さい。宿泊情報は下記などをご参照下さい。倉敷駅周辺には多数の宿泊施設がございます。倉敷観光webLinkIcon
5.発表形態
口頭とポスターで行います口頭発表時間は1件あたり質疑応答も含め20 分を予定しています(発表件数によっては15分になることもありますので、セカンドサーキュラーでご確認ください)。口頭発表では、液晶プロジェクターを使用します。USBメモリ等でご持参いただき講演当日の朝・休憩時間・昼休み等に会場のPC(Windows1台、Mac1台)にコピーして下さい。ご自分のPCを使用ご希望の方は事前にご相談ください。ポスター発表は、A0サイズ(縦120cm×横 83cm)を推奨いたしますが、縦170cm×横100cmに貼れるものであればどのような形でも結構です。ボード・ピン類は会場で準備いたします。2013年度も学生参加者には「最優秀ポスター賞」 を設けて、賞状・副賞等を進呈したいと思います。なお、会場のスペースの関係上、発表形態の変更をお願いさせていただくこともありますので、お含みおき下さい。
6.講演要旨
口頭発表、ポスター発表とも1件につきA4版1ページで作成してください原則として電子メール添付でtoshiroy[at]cc.okayama-u.ac.jpへご送付ください(送信時[at]を@に置き換えて下さい)。メールタイトルに【倉敷シンポ要旨】と明記ください。様式は下記を目安としてください。または過去のシンポジウム要旨集を参考にしてください。余白:上下30mm、左右20mm程度、行数36行程 度、文字の大きさ11ポイント程度、1-2行目はタ イトルと発表者氏名(センタリング、発表者の 氏名の前に○、連名は・で区切り、所属は名前の後にカッコ書)、3-4行目は英文タイトル・氏名・所属を記入。
7.参加費・懇親会費
シンポジウム受付でお支払い願います。以下の金額は予定であり、正式にはセカンドサーキュラーにてご案内致します。参加費(講演要旨含):正会員2000円、学生会員1000円(非会員:一般4000円、学生2000円)懇親会費:一般5000円、学生4000円巡検費:正会員4000円、学生会員3000円(昼食代・各施設入場料込み)
8.その他
シンポジウム中の企画・会合や企業展示等をご希望の方は世話人または本学会事務局までご連絡ください。(世話人E-mail: toshiroy[at]cc.okayama-u.ac.jp, 学会事務局E-mail: office[at]ogeochem.jp 送信時は[at] を@に置き換えてください)

ページの先頭へ