学科関係者

ホーム > 学科関係者 > 講演会・公開セミナー > 談話会『プレートテクトニクスに伴うヒ素・水銀の循環』

談話会『プレートテクトニクスに伴うヒ素・水銀の循環』

師:
益田 晴恵 先生(大阪市立大学)
時:
平成30年9月5日(水)16:20-(7-8限)
所:
理学部本館2階 25講義室
要:
ヒ素と水銀は生物毒性が高く、環境中の濃度が厳しく規制されている微量元素である。天然由来のヒ素・水銀汚染は世界的に出現するが、出現地域は火成活動や大きな浸食活動などと関連する活動的なテクトニクス場と密接に関係している特徴がある。ヒ素・水銀の地球化学的特徴に着目して、プレートテクトニクスによる地殻と水圏付近でのリサイクル過程に関する研究成果を紹介する。
介:
益田先生は現在日本地球化学会の会長をされており、地球化学の分野で幅広く活躍されている方です。話も面白いので、学生の皆さんも是非参加してみて下さい。
世話人:
井上 麻夕里