学科関係者

ホーム > 学科関係者 > 集中講義 > 地球科学特別講義II

地球科学特別講義II

博士前期課程の院生向けですが興味のある学生さんは学年問わず広く聴講して頂いて良いと思います(単位が出るかどうかは教務係にお尋ね下さい)ので、以下お知らせします。なお、単位が必要な方は必ず両方を履修して下さい。

師:
岩上直幹 先生(専修大学)
時:
平成28年8月1日(月)4限~3日(水)
所:
地球科学科リフレッシュコーナー
容:
地球大気圏・電離圏・磁気圏から惑星・太陽までの太陽地球系空間における普遍的物理・化学過程を解説し、基礎方程式に基づいて直感的理解にいたることを目的とする。主に衛星・ロケット・気球などの飛翔体上からの、地球・惑星大気(中性・プラズマ)に関する光学遠隔測定およびその解析方法について理解することを目的とする。
師:
野口拓郎 准教授(高知大学)
時:
平成28年8月8日(月)10時~9日(火)
所:
23講義室
容:
海洋環境の変動を解明するツールとしての海中観測技術について解説し、そのアプリケーションとして近年顕著な発展を遂げている海底熱水鉱床の探査手法、および海洋生物多様性と環境変動の関係解明に向けた観測技術について理解することを目的とする。

以上に関連して、教室談話会も開催されます。講義に参加できない方は、談話会だけでもお気軽にご参加ください。