学科関係者

ホーム > 学科関係者 > 主な年間行事 > 平成30年度修士論文中間発表会

平成30年度修士論文中間発表会

大学院自然科学研究科 博士前期期課程 地球科学専攻 修士論文中間発表会プログラム

大気科学
時:
平成30年7月18日(水)14:00~(発表15分+質疑5分)
所:
理学部本館2階 25講義室
発表者発表内容
角谷 謙斗大規模火山噴火による水循環変化のメカニズム解明
橋本 薪之輔火星におけるダスト巻き上げ量の大気ダスト量依存性
広沢 陽一郎札幌の積雪不純物が放射収支に与える効果
時:
平成30年8月9日(木)11:00~(発表15分+質疑5分)
所:
理学部本館2階 地球科学科第1ゼミ室(A251)
発表者発表内容
野中 遥火星大気再解析データ(MACDA)を用いた火星表層環境の研究
岩石圏科学
時:
平成30年7月31日(火)16:20~(発表15分+質疑5分)
所:
理学部本館2階 23講義室
発表者発表内容
秋藤 哲南西インド洋海嶺Atlantis Bank下部地殻斑れい岩における高温交代変質作用
中井 耕太郎岡山県北部人形峠周辺に分布する三朝層群の堆積環境
西川 雅人津山盆地西部に分布する中新統の層相と古地理
地球惑星化学
時:
平成30年8月1日(水)14:00~(発表15分+質疑5分)
所:
理学部本館2階 26講義室
発表者発表内容
石神 あやゑTi-La同位体を用いた初期太陽系物質の同位体地球化学的研究
小西 亜弓岡山県赤磐市および真庭市における地下水の地球化学的研究
智原 睦美220年のサンゴ記録を用いた西太平洋熱帯域の古環境復元
地球惑星物理学
時:
平成30年8月1日(水)17:30~(発表15分+質疑5分)
所:
理学部本館2階 26講義室
発表者発表内容
森  今日子地震危険度評価手法高度化のための多変量解析による地震地体構造区分の考案
畝岡 歩岡山県内の震度観測点における地盤増幅率の抽出
秦  真平近地及び遠地津波の線形分散波方程式を効率的に解く新スキームの開発